SHISEIDO BEAUTY SPECIALIST

一覧へ戻る

メーキャップ

皮脂・汗対策もできる!崩れにくいベースメーキャップテクニック

こんにちは。160127_SBSプロフィール 720
資生堂ビューティースペシャリストの木村尚貴です。

天気のよい日が気持ちよく感じる季節になりました。
これからの暑くなる季節、ファンデーションのくずれも気になりますよね。

今回は、くずれ知らずのテクニックを2つお伝えします。
夏にぴったりなアイテムで、1日中快適に過ごせます。

 

ポイント1 『皮脂・汗が出る原因の皮ふ温をさげる』

暑くなってくると、スキンケアを付け始める前からすでに汗が噴き出し、化粧水をつけるのもままならい、ということがあると思います。そのとき肌はと皮ふ温が高く、キメや毛穴もゆるんでファンデーションがフィットしにくいため、時間が経つと崩れやすくなります。
ではどうずればよいでしょうか?
ズバリ!皮ふ温を下げてしまえばいいんです。
なんと皮ふ温を10度下げる美容液があるのです。
化粧水の前に使うので、ひんやり気持ちよく一気に皮ふ温を下げるので、スキンケアもつけやすくなります。
キメが整い毛穴もひきしまるので、ファンデーションもフィットした仕上がりに。
冷効果が持続するため、ファンデーションの持ちも高めます。

図2ベネフィークアイエッセンス0

 

ポイント2 『ファンデーションは必要なところに必要な量をつける』

ファンデーションのくずれが気になる時は、必要なところに必要な量だけつけて仕上げます。
そこで使うのは、ベネフィークリキッドコンシーラー。この夏、私の一番のお気に入りアイテムです。

このコンシーラー、実はファンシーラーという名前を付けようかと迷うほど、ファンデーションに近いものなんです。するすると伸び、なじみがよく、少量でのカバー力がとても高い。そして汗をはじき、こすってもよれない優れもの。

目まわり、頬、鼻まわりと口まわりにつけたら、あとはちょっと広げるだけ。web_図1
実はそこがベースを美しく見せるポイントでもあるのです。
つける用具はファンデーションブラシがおすすめ。リキッドコンシーラーがみるみる肌になじんでいき、簡単に艶やかな素肌っぽい肌に仕上げます。今までのコンシーラーの概念を覆しますよ。

実は、この軽い仕上がりが今のトレンドでもあるんです。
夏にぴったりなアイテムで、トレンドメーキャップを楽しみましょう。

 

 

悩み別の使い方もあるので、詳しい内容はぜひカウンターのビューティーコンサルタントに尋ねてみてください。
ベネフィーク リキッドコンシーラー使い方 ⇒ コチラ
お近くのお店を探す ⇒ watashi+ お店ナビ

 

ページトップへ