SHISEIDO BEAUTY SPECIALIST

一覧へ戻る

メーキャップ

きれい肌の必須アイテム”化粧下地”の使い方

こんにちは。ビューティースペシャリストの近藤綾子です。160129_SBSプロフィール 335

朝晩とだいぶ涼しくなりましたね。
過ごしやすい季節になってきましたが、この時期、肌に夏の蓄積ダメージがでてくる頃です。
秋のメークを楽しみたいのに「ファンデーションがきれいにつかない…」
「寝たはずなのに肌色がくすんでみえる…」なんてことはありませんか?

 

 

そんな時の必須アイテムが、化粧下地。
肌をきれいに見せるためには、下地の置く位置となじませ方が大切。ブログbmk201610
特に肌色がくすんで見えるときには、色補正効果のあるものがおすすめです。
使い方のポイントは、顔の中心を明かるくすること。
特に”目まわり”と”小鼻”に気をつけると、肌がぐんときれいに見えますよ。

 

下地は顔の5か所(両頬、額、鼻、顎)に置きます。

 

〇目まわり
目の下から目頭に向かい、鼻の付けね部分を通ってまぶたまでトントンと丁寧にフィットさせます。
目の下やまぶたは皮膚が薄く、くすみが出やすいので最初に明るくして頬全体をなじませるのがポイントです。

 

〇鼻
中指を使って、クルクルとマッサージするようになじませます。
小鼻は毛穴が目立ったり、ファンデーションが崩れやすい所なので、しっかりとなじませましょう。
小鼻の脇も忘れずに!

 

〇あご、額
手のひらを使い、優しくなじませましょう。
フェースラインに向かって薄くなるように広げます。

 

顔の中心が明るく、卵のように立体的になったら下地のつけ方は成功です。
ちょっとしたテクニックで肌が一段ときれいに見えますので、試してみて下さいね。

 

 

 

ページトップへ